アニメ「ドラゴンボール超」の私なりの見解について(その2)

アニメ「ドラゴンボール超」の私なりの見解について書きたいと思います。「ドラゴンボール超」を見て、一番にストレスに感じる事が作画が下手だという事です。私は昔の「ドラゴンボールZ」の作画を知っているので、どうしてもそれと比較してしまうのですが、「ドラゴンボール超」は作画が下手です。おそらく昔のアニメと区分けを図るために、わざと下手に描いているのかもしれませんが、やはり作画はかっこいい方がいいです。もう少し作画を上手く描いてほしいですね。他の宇宙の戦士で、女スーパーサイヤ人がいますが、全然魅力を感じませんね。ただ自己主張が強いだけであり、パワーだけで押し切っているだけです。こういう性格が荒い戦士は、すぐに負けるでしょう。亀仙人の健闘ぶりの方が面白いですね。簡単にスーパーサイヤ人になれる女戦士は、面白くありません。そこに人間的な活力がないからです。唯一、ジレンやヒットは、まだ隠し持っている潜在能力がありそうなので、興味はそそられます。http://esco-kor.com/